menu

ゼロから始める着物入門

着物の柄について

着物の柄

昔から伝わる文様や柄

着物に描かれている柄は、とてもきれいです。

その着物に描かれている文様は、ほとんどが日本伝統の文様です。

吉祥文様は、お祝いの席でよく着られる文様です。

有職文様は、中国から伝わった文様のことです。

古典柄というものもあり、平安時代の御所車や宮殿などをモチーフに描いたものです。

そのほかにも、花をモチーフにした絵柄や、生き物をモチーフにした絵柄など、たくさんあります。
花柄

着物のデザインで着る時が決まる

着物は描かれている柄によって、着る時が決まっています。

その中でも、花をモチーフにした絵柄の着物は、たくさんあり、花の柄によって、着る時期が変わってきます。

着物は描かれている花の見頃の時期よりも、1か月ほど前から着ることが多いです。そしてその描かれている花が咲くころに、

次の見頃の花の着物を着ます。

まずは春の季節に着るとよいとされている柄は、桜、藤、牡丹になります。
牡丹

夏の季節に着るとよいとされている柄は、なでしこ、紫陽花、桔梗です。

秋の季節に着るとよいとされている柄は、萩、菊、紅葉です。

冬の季節に着るとよいとされている柄は、椿、梅、松です。

一年を通じて着ることができる花の絵柄もあり、それはさまざまな季節の花が一度に描かれている柄の着物です。

着物の柄の意味とは

着物は柄によっていろいろな意味を持っています。

花の絵柄は季節を表しています。

鶴や亀が描かれている着物は、縁起が良いとされていて、夫婦円満や長寿の意味があります。

鶴

御所車などの平安時代をテーマにしたものが描かれている着物は、華やかさの意味があり、縁起が良いとされていて、吉祥文様にも使われたりします。

着物の絵柄の意味を知って着物を着ている人は、そう多くはないので、意味を知るとこも着物に親しむことにつながります。

関連記事

カレンダー

2018年1月
« 12月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031