menu

ゼロから始める着物入門

着物のリメイク

リメイク

着物のリメイクの仕方

思い出

着物を着なくなった後、皆さんはどうしていますか。

タンスに収納したままの人もいれば、捨ててしまう人もいるでしょう。しかし、それはとてももったいないことです。

なぜなら、着物は生地がとても上質なものでできているからです。着なくなってしまった着物とはいえ、一度は袖を通しているものですし、愛着はあるでしょう。

ですのでそれを、そのままにしておくことは、着物にとって、とても悲しいことです。

それを防ぐためにも、着物リメイクという方法があります。

着物は、生地の糸をほどいて、洗うとリメイクすることができるのです。

そのあとは、自分で何を作るか考えて作ることもできますし、着物をリメイクしてくれるお店にもっていけば、いろいろな提案をしてくれますので、自分が気に入るものにリメイクすることもできます。

リメイクでどんなものに変わるか

裁縫

着物から一体どんなものがリメイクできるのでしょうか。

チュニックやワンピースなどの洋服や、バック、髪飾りなどの小物は想像することができるでしょう。

そのほかには、着物で布団もリメイクすることができます。

自分では思いつかないようなものに着物がリメイクされるので、お店の方にいろいろ提案してもらって、

自分の思い出の着物の残し方を見つけましょう。

思い出に残すリメイク

着物は、普段はほとんど着る機会がないので、結婚式や成人式などの行事で着用した後は、タンスに収納してある人が多いでしょう。

タンス

特別な行事も一年に何回もあることではないので、それも仕方のないことかもしれません。

しかし、着物も、何年も着られることなくタンスの中にあるのでは、着物本来の意味の着ることがされず、残念なことです。

そのような着物に、もう一度意味のあるものに生まれ変わらせることが、着物リメイクということです。

着物を新しく洋服にリメイクして着ることで、着物の存在を感じつつ、新たな気持ちで洋服を着ることができます。

リメイクした洋服は、着物の柄を見ることで、着物を着ていた日を思い出すこともでき、着物をまた身近に感じることにもなります。

関連記事

カレンダー

2018年1月
« 12月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031