menu

ゼロから始める着物入門

着物に似合う髪型は

髪型

髪の長さによって変わるアレンジの仕方

着物を着ている時に、それぞれの髪型によって、着物に似合うアレンジの仕方が変わってきます。

髪の短いショートヘアの方は、うなじが初めから出ているので、髪飾りなどを使って、
シンプルなアレンジで美しくみせることができます。

髪を長く伸ばしているミディアムからロングの方の場合は、まず基本はアップスタイルにして、うなじを出す必要があります。

普段洋服を着ている時に、されている方も多いのは、髪を全部おろしているダウンスタイルでしょう。
しかし、着物を着ている時には、ダウンスタイルは似合いません。

うなじ

髪をアップにして、うなじを出すと後ろ姿も美しく見えます。頭の低い位置でアップスタイルにすると、落ち着いた印象に見えるので、
着物ともよく合うヘアスタイルに仕上がります。

着物に似合う髪飾り

着物を着る時に、着物を着ていく場所や、着ていく着物の種類によって、その時に似合う髪飾りも変わってきます。

留袖や訪問着などを着ていくフォーマルな時の場合や、結婚式などの席に着ていく着物の時には、
あまり目立たないような上品なかんざしを使うことが望ましいです。

かんざし

成人式や卒業式などの華やかな場面で着物を着る場合は、お花やリボンなどの髪飾りで、少し豪華に見えるようなものでも、
着物がより華やかに見えて、ほかの人と差をつけることができるのではないでしょうか。

自分でできるヘアアレンジ

着物を着る時は、髪型にも気を配らなければいけません。
洋服を着ている時と同じように、ダウンスタイルではだめです。着物に全く似合いません。

しかし、着物を着たからといって毎回美容院へ行っていては費用がとてもかかり大変です。

美容院

着物を着る時だけ、少しでも着物に似合うような髪型を自分で一つ覚えておけば、着物を着ることがもっと身近になってきます。

ますはうなじを出すことが大事です。
全体を一つにまとめてうなじを見せることで、着物が華やかに見えて後ろ姿もきれいです。

しかしただ単に、一つにまとめただけのお団子ヘアはあまりきれいに見えないので、少しだけ工夫が必要です。

まとめた髪にふわっとボリュームをもたせることで、髪型も華やかになります。

あとは着物に似合う髪飾りをつければ、着物に似合う髪型を自分で作り上げることができます。

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 1月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031