menu

ゼロから始める着物入門

着物の収納方法

収納

着物の収納や保管方法について

着物をどれだけ長く愛用できるかは、着物の収納や保管の方法で変わってきます。

着物を間違った収納、保管をしてしまうと、着物にダメージを与えてしまい取り返しがつかなくなってしまいます。
着物にとってどのように収納し保管することが良いのかあげてみましょう。

まずは、防湿剤、防虫剤です。着物を湿気から守るためにも防湿剤は欠かせません。
着物用の防虫剤と一緒にいれて、まめに交換することが大事です。

その時、防虫剤は一種類に限定しましょう。たくさん入れるほうが効果がありそうですが、そうではありません。

何種類も同時に入れてしまうと、薬剤によって変色する場合があるので注意する必要があります。
保管方法は、桐タンスに保管することが一番良いです。湿気を防ぎますし、風も通します。

換気

桐のタンスの代用としては、衣装ケースや和紙収納ケースがあります。

やはり桐のタンスよりも湿気などに気を使わなければいけませんので、たびたび着物を出してお手入れするといいです。

着物の手入れの仕方

着物を着用した後は、どのようにお手入れしたらいいのか、知っている方は少ないでしょう。

着物をきれいに保ち、長く着続けるためにも、着物の手入れはとても大切です。

帯

着物を着用した後は、湿気を含んでいるので、すぐに畳んで収納してしまってはいけません。

着物は湿気が大敵なので、カビが発生したり、着物が変色してしまったり、着物にとってよくありません。

そのためには、脱いだ着物は、風が通る場所に形を整えて干して、湿気を取り除く必要があります。

湿気を取り除いた後は、ほこりや汚れがないか確認し、柔らかい布やブラシでほこりを取ります。

もし汚れがあれば、着物を購入した店に持っていくなどして、対応してもらいましょう。自分ではきれいに汚れは落とせませんし、
着物を傷めてしまうことにもなりかねません。

ほこりを取った後は、アイロンでしわが気になる場所をのばしましょう。

着物収納や手入れの注意点

着物は洋服とは全く違うので、収納する時やお手入れに注意するところがあります。

着物は、畳み方を間違えば、しわがついてしまいます。
それが原因で、着物が傷んでしまうこともあります。そのためには、着物は収納する時、正しく畳まなければいけません。

畳む

着物を収納する時に、防虫剤は、着物用の防虫剤を一種類だけ入れるようにしましょう。

防虫剤はさまざまな種類が売ってあり、いろいろな防虫剤をたくさん入れたほうが、効果がありそうですが、そうではありません。

たくさんの種類を入れてしまうと、防虫剤と防虫剤で化学反応を起こしてしまって、着物が変色してしまったりしてしまいます。
着物と一緒に使った帯や小物類は、着物と同じところに収納するのではなくて、ほかの場所に収納するようにしましょう。

これらのことに気を付けて、着物のお手入れや収納を心掛ければ、着物が長持ちしますし、着物を傷める原因を防ぐことができます。

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 1月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031