menu

ゼロから始める着物入門

結婚式で着る着物

結婚

一つの着物で何通りもの着こなしができる

結婚式に参列された時、着物で参列されている人を見ると、とても華やかに見えないでしょうか。

ほとんどの方が、ワンピースなどのドレス姿の中、一人着物だと、目立ちますが、着物は豪華で、落ち着いた印象に見えます。

着物を着ていくことで、その場の雰囲気を明るくし、さらに盛り上げることになる要素になっていることでしょう。

そして最近では、着物で結婚式に参列される方もだんだんと増えてきました。

着物を簡単に、レンタルすることができる環境が整ってきているからでしょう。インターネットですぐに着物をレンタルすることができますし、
なかなか自分ではそろえられない、帯や小物類もセットでレンタルしてもらえます。

そのため、着物をレンタルして、結婚式に参列している方もたくさんいるはずです。

結婚式

着物はレンタルではたくさんの種類の中から選ぶことができ、その都度着物を変えることができますが、親からもらった着物であったり、購入したものである時は、
なかなか同じようにはいきません。

しかし、着物自体は同じでも、帯や小物を変えたり髪型や髪飾りを変えるだけで全く違う雰囲気になり、違う着物に見えるので、
同じ着物であっても工夫次第で何通りにも着こなすことができます。

結婚式で着物を着るメリット

結婚式で着物を着ることは、たくさんのメリットがあります。

参列しているほかの方は、ほとんどがドレスなどを着ているので、着物で行くと他の方と服装が被ることはまずありません。

もし万が一に、着物が同じだった時でも、帯やバックは違うはずですので、まったく雰囲気は変わります。

それよりも、ドレスが同じだった場合を考えるほうが可能性は高くなります。

チャペル

ワンピースなどのドレスを着て参列されている方のほうが、着物で参列されている方よりも多いので、

結婚式当日に会場で同じドレスの人がいた、ということになるかもしれないからです。

加えて、着物は流行がないので、何回も着ていくことができます。

ワンピースなどの場合は、結婚式に参列するたびに新しいものを購入される方も多いと思います。

その理由はそれぞれありますが、一番多いのは体形の変化ではないでしょうか。

結婚式に参列することは、1年に何回もあることではなく、
2~3年くらいに一度ほどの割合になってくるので、その都度、その時の体形に合わせて購入される方もあるでしょう。

しかし着物の場合は、着付けをする段階で体形に合うように着付けることができるので、もし体形に変化があっても、
着物はどんな風にでもごまかすことができるのです。

結婚式で着る着物のマナー

結婚式に着物で参列する時に、気を付けなければならない着物のマナーがあります。

振袖は、未婚の女性が着る着物ですが、これはドレスの場合と同じで、花嫁の方が着る衣装の色と同じ色になってはいけません。

姿勢や歩き方などの所作にも気をつける必要があります。着物はあまり普段から着ているものではありません。ですので、洋服を着ている時と同じような姿勢でいたり、歩く時の動作が大きくなったり、座る姿勢が悪かったりすると、せっかく着物を着ているのにきれいに見えません。

和装

それどころか、着崩れしてしまったりして、結婚式を楽しむことができなくなってしまいます。

着物に合うようにアクセサリーにも気をつけなければなりません。

普段と同じような大ぶりのものを付けていくことは、もちろんマナー違反です。

着物の場合は、着物を着ているだけで、華やかなので、基本的に何もつける必要はありません。

着物に合うような小ぶりのものを選んで、つけるといいでしょう。

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 1月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031