menu

ゼロから始める着物入門

着物を作るには

着物作成

着物を作るときに気を付けること

着物を作る時気を付けたいことは、いつ、その着物が必要か、着ていくところを考えることです。

行先

着ていく時期や場所によって、どんな着物を選んだらいいのか、どういう着物が必要かがわかってきます。

着ていく時期や、着ていく場所が決まっていたら、どんな着物にするのか考えることは、あまり難しくないことかもしれません。

しかし、前の着物に少し飽きてしまった、着物に興味があるから着てみたい、といった理由では、どのような着物にするのか考えることは、
難しいかもしれません。

いつ、どこで、どんなふうに、着物の予算などを考えて着物を作っていくと、自分が求めている着物に出会うことができます。

着物を作るのに必要なもの

着物を作るのに、まず時間が必要です。

着物は注文することが基本なので、着物が必要な時よりも半年前には注文しなければなりません。

既製品を買うのではなく、自分に合ったものを作ってもらうことで、好みの色や柄を選ぶことができます。

着物の着たい時期や、どういう目的で着物を着たいかも考えておく必要があります。

目的

それによって着物の種類が変わってきます。

あとはどれくらいの予算で着物を作るかも考える必要があります。

着物は生地代だけでなく、下着や小物、帯や草履なども揃えなければなりません。自分で考えていた予算を超えてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

自分で着物を作るには

着物を作ってもらうのか簡単ですが、時間と費用がかかりますので、自分で着物を作るのもいいかもしれません。

まず着物は、幅38センチの長い布から作られます。縫う作業はすべて手縫いです。襟、袖、身頃、おくみに分かれます。洋服と違って、ボタンなどがないので、簡単な作業になります。

布の布目を整えて、アイロンで縦糸と横糸をまっすぐにします。

着物が出来上がった時に、柄がきれいに見えるように裁断し、その後手縫いします。

着物は和裁になりますので、和裁を学んでから着物を作ってみると、着物への関心ももっと高まるでしょう。

和裁

関連記事

カレンダー

0201年1月
    12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031